ソーシャル戦略の先にあるもの【ボイス ソーシャルの力で会社を変える】

ソーシャル人の松宮です。読書から得た学びを「ソーシャル人語録」として配信しています。あなたのソーシャルライフに役立つヒントをご提供できればと思います!

 

<ソーシャル人語録>

ソーシャル戦略の先にあるもの

ボイス ソーシャルの力で会社を変える(田中正道)より

 

ソーシャル戦略の一環であるエンゲージメントも、インフルエンサープログラムも、それぞれとても重要な戦略であることに間違いはありません。しかし、それがイノベーションにつながらなくては、これらは企業の短期的な延命にしかなりえないのです。

 

もはや大企業は、自らイノベーションを起こすことができないのでしょうか?大企業は衰退の一途をたどるしかないのでしょうか?その疑問に対する1つの解が、「協創」です。協創とは、消費者や他企業といった外の力との協業により、イノベーションに取り組む行為を指します。

 

一貫したソーシャル戦略を遂行することにより、企業の中に新たなカルチャーが生まれます。ボイスを聴き、商品開発、業務改善といった企業活動につなげる仕組みとその活動の永続的運用を支える社員のマインドセットです。これらが、協創戦略の下地となるのです。具体的には次ページの図表29のように、ソーシャルリスニングが外のボイスを改善につなげるための仕組みとして機能し、協創戦略を支える基礎の部分となります。

 

▲図表29 協創戦略を支えるソーシャル戦略(P205)

 

メンバーは、エンゲージメント戦略を通じて仕組みを補完するオープンなマインドセットを身につけ、外の力との協創を推進します。また、多くのメンバーがインフルエンサープログラムを通じてコミュニティー活動への高い理解度を兼ね備え、すでに、ユーザーとの協創の経験をもっていることになります。

 

社会のソーシャル化の波を乗りこなし、そのプロセスでつくりあげた下地が、顧客や他企業とのフラットなつながりをもつことを促進します。新たなつながりにより構成されるネットワークに身を置くことにより、企業は新たな役割を担うようになります。ネットワークの一員として、そのネットワーク全体の向上のためのイノベーションを起こすことを、求められるようになるのです。(P201ー205)

 

 

<わたしの読書メモ>

今週は「ボイス」からお送りしました。この本を読んでいると「会社のソーシャル化」は、ただ単に、ソーシャルメディアの波に乗って時代に乗り遅れないようにするだけでなく、会社自体のイノベーションにつながっていくものであることが理解できました。

 

「会社のソーシャル化」と一言にいっても、そこには乗り越えなければならない壁がいくつもあります。詳しくは本書に譲りますが、P194にあるように、「ボイスを理解するスキルをもった人材の育成」「ボイスを理解し欲求に応えることが可能な組織への進化」、この2つの要素が不可欠でしょう。

 

ここまでくると一担当者の問題ではなく、組織全体の改革という話になってきます。それが「ソーシャル化」に必要不可欠な要素となり、ひいては企業は存続するためのイノベーションの仕組みつくりにもつながっていくのです。

 

本書「ボイス」で語られているような「ソーシャル化の本当のメリット」に気がついている企業は日本ではまだまだ少ないのではないでしょうか。

 

「フェイスブックは人も会社も成長させる」

 

これにいち早く気がついた企業から、新しい「協創によるイノベーション」が生まれてくるのかもしれません。

 

これからの会社組織のあり方を考える上でも本書はおすすめです。ぜひご一読をおすすめ致します。

 

▲出典元:ボイス ソーシャルの力で会社を変える(田中正道)より

 

 

 

<おはよう広場とは>

このブログのコメント欄を「おはようございます」のあいさつをする場所として開放しています。月曜日から金曜日の平日毎朝、その日の日付でブログを更新しますので、記事のコメント欄に「おはようございます!」と投稿してください。

 

朝活を楽しむ人々の交流の場

あなたの「おはようございます!」の一言が、新しい出会いのきっかけになる場所になれば幸いです。

 

朝活グループもありますので、毎朝の更新を確実に知りたい方は、お気軽にグループにご参加ください。

>>フェイスブック朝活サークル

 

 

朝は忙しくてあちこちに顔を出す余裕がないという人もコメント欄に一言「おはようございます!」と書き込むだけで、新しい出会いが生まれてくるだろうと思います!

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly