Socialzine ソーシャル人

松宮義仁

Socialzineとは?

ソーシャル人こと松宮義仁によるビジネスのヒントをお伝えするWEBマガジンです。編集長はソーシャル関連本累計20万部超の日本で一番売れているFacebook入門書「日本人のためのフェイスブック入門」の著者でもあり、ソーシャルメディアプロデューサーの松宮義仁です。
▼お問い合わせはこちら
http://bit.ly/toiawase_fb

松宮義仁のFacebook

google

松宮義仁のFacebookをフォローする



2万人がいいね!といってるメルマガ
拙書「これから10年 年収が下がる人 上がる人」と同タイトルのメールマガジンにたくさんのいいね!をありがとうございます。あなたのビジネスマインド&スキルを向上させる「これテン語録」を毎朝配信しています!
mail-touroku
購読は無料です。いつでも解除できますのでお気軽にお試し下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェイスブックに勝手に写真を載せるな!事前に許可を取ることが大事【ソーシャルメディアの授業】



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Facebookに勝手に写真を載せるな!

 

フェイスブックといえば写真、写真といえばフェイスブックというぐらいに大事なものが写真の活用です。

 

飲み会やイベントの時などに、一緒に撮った写真をフェイスブックにアップすることで、たくさんのいいね!も入るので、こぞって撮影して、我先にと投稿する人もたくさんいます。

 

▲有名人と写真を撮る時もちゃんと掲載許可を取りましょう(左:元日本テレビアナウンサー松永さん)

 

自分がどんな写真をアップされても気にしない人間だからといって、他人もそうとは限りません。フェイスブックやその他のソーシャルメディアに写真をアップする予定があるなら、撮影する前もしくは撮影直後に、

 

「この写真をフェイスブックにアップしても大丈夫ですか?」

 

と一言、断りを入れることを忘れてはいけません。もしかすると、会社をさぼって参加している人もいるでしょうし、別の誘いを断って参加している人もいるかもしれないのです。あなたが勝手に掲載した写真で、迷惑をかけることのないように、気をつけてください。

 

フェイスブックに慣れてくると、面白さを重視して、盗み撮りに近い形で撮影し、勝手にアップして楽しんでいる人もたまに見かけますが、仮に笑いが取れたとしても、正直、気分が良いものではありません。もし、盗み撮りした場合にも、「この写真アップしていいですか?」と、ちゃんと相手の許可を取ることが大事でしょう。勝手なことばかりしていると、友達を失います。

 

それと、もう一つ、気をつけなくてはいけないのは「女性」の写真です。男性の場合はそんなに気にする人はいないかもしれませんが、女性の場合は、写真うつりを気にします。言葉だけ許可を取るのではなく、撮影した写真をちゃんと相手にみせて確認を取ることをした方が印象も良いでしょう。もちろん女性だけでなく、男性が相手であっても、写真をみせて許可をとった方が印象が良いことを付け加えておきます。

 

マナーひとつで、せっかくの楽しかった時間が、悪い思い出にならないように気をつけましょう。

 

今回の授業はここまで。

また来週の授業でお会いしましょう。

 

 

<ホームルーム>

授業を受けての気づきや感想をコメント欄でみなさんと共有しましょう。あなたのひと言で「学び」がさらに深いものへと発展していきます。

 

学びを共有するソーシャル・ラーニングにあなたもぜひご参加ください!

 

<お願いとお断り>

授業を受けての感想や意見などありましたらコメント欄にご記入ください。頂いたコメントは今後の授業の内容を考える際に参考にさせて頂きます。また頂いたコメントは当ブログが書籍化される際には、そのまま掲載させていただく場合もございますのであらかじめご了承のほどよろしくお願い致します。

※急な時間変更のお知らせなどは松宮義仁の個人アカウントで行なっております。事前にフィード購読をお済ませください。

※参加は個人アカウント(顔写真・実名)にてお願いします。(顔写真以外のアイコンおよびFacebookページでのご参加はご遠慮ください。)

※すべてのご質問にお答えできるわけではありません。あらかじめご了承お願い致します。

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。


こちらも合わせてお読みください

title07 2012年02月04日 影響力の輪とは?

立ち読みしてみませんか?

81ページも大公開!立ち読みキャンペーン開催中です!

つぶやきなう!