ソーシャル人はフェイスブックやスマホを活用し、ネットとリアルを融合させてアクティブに活動しています【ソーシャル人の仕事術】

ソーシャル人の松宮です。読書から得た学びを「ソーシャル人語録」として配信しています。あなたのソーシャルライフに役立つヒントをご提供できればと思います!

 

2012年12月4日(火)

<ソーシャル人語録>

ソーシャル人はフェイスブックやスマホを活用し、ネットとリアルを融合させてアクティブに活動しています

ソーシャル人の仕事術(日本能率協会マネジメントセンター)より

 

この本では、フェイスブック、スマホ、クラウドを上手に活用しながら、自分の仕事や夢を実現する人を「ソーシャル人」と呼び、そのノウハウを一人でも多くの方に共有したいという思いから筆をとりました。

 

ソーシャル人はフェイスブックやスマホを活用し、ネットとリアルを融合させてアクティブに活動しています。

 

自分の可能性を引き出しながら、目を輝かせてがんばる大人、それがソーシャル人の理想の姿です。

 

従来のネット上級者に対しては、「ネットの知識には明るいけれど、実生活ではコミュニケーションがあまり得意でない」というイメージもあったかもしれません。

 

一方「ソーシャル人」は、ネットとリアルな世界に関係なく、優れたコミュニケーション能力をもち、ITスキルを駆使しながら仕事も遊びも一生懸命に楽しんでいます。

(まえがきより)

 

 

<わたしの読書メモ>

今週はいよいよ、わたしの新刊「ソーシャル人の仕事術」を取り上げていきます。

スタートの今日は「まえがき」からソーシャル人というものについて語っているところの抜粋です。

 

まえがきはその本を読むかどうかを判断されてしまう大切なところです。ここで読者の興味を引くことができなければ、売り場の本棚に返されてしまうこともあるでしょう。そういう意味では一種の「セールスレター」ともいえるわけで、まえがきに一番力を注ぐ出版社もあるぐらいです。

 

今回の「まえがき」もいくつか工夫を凝らして書いています。

 

「名刺を捨てたら新たな世界が開ける」

 

まずはちょっとキャッチーな見出しを立てて「名刺を捨てる?」「新たな世界?」という「?」を頭に浮かべてもらって、読者の注意を引くところからはじまり、フェイスブックを通じて人とつながることのメリットを説明してから、タイトルにも入っている「ソーシャル人」というものについての説明に移っています。

 

こんな感じで著者の思惑を聞きながらの読書も面白いかもしれませんね^^

 

今週はちょっと変わった感じでお送りしていきますのでご期待ください!

 

▲出典元:ソーシャル人の仕事術(日本能率協会マネジメントセンター)より

 

 

<おはよう広場とは>

このブログのコメント欄を「おはようございます」のあいさつをする場所として開放しています。月曜日から金曜日の平日毎朝、その日の日付でブログを更新しますので、記事のコメント欄に「おはようございます!」と投稿してください。

 

朝活を楽しむ人々の交流の場

あなたの「おはようございます!」の一言が、新しい出会いのきっかけになる場所になれば幸いです。

 

朝活グループもありますので、毎朝の更新を確実に知りたい方は、お気軽にグループにご参加ください。

>>フェイスブック朝活サークル

 

 

朝は忙しくてあちこちに顔を出す余裕がないという人もコメント欄に一言「おはようございます!」と書き込むだけで、新しい出会いが生まれてくるだろうと思います!

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly