年収が上がる人は相談上手【これから10年 年収が下がる人上がる人】

ソーシャル人の松宮です。読書から得た学びを「ソーシャル人語録」として配信しています。あなたのソーシャルライフに役立つヒントをご提供できればと思います!

 

2013年2月27日(水)

<ソーシャル人語録>

年収が下がる人は報告下手

上がる人は相談上手

これから10年 年収が下がる人上がる人(松宮義仁著)より

 

<本文より抜粋>

仕事をする上で、報告をすることは重要なことです。報告も連絡もせずに、任せられた仕事をやったのか、やらなかったのか、進行状況がわからないままでは会社は不利益をこうむります。

 

報告は仕事の基本であることは間違いありません。仕事がどの程度進んでいるのかを上の人間が知っておくことで、売り上げなども見えてくるからです。

 

しかし、単純に報告するだけでは意味がありません。「報告」で大事なのはタイミングです。

 

ちょっとしたことで報告されたり、もうどうしようもない状態になっている案件を相談されても、上司も困ってしまいます。

 

報告一つとっても、そこにその人のビジネスセンスが出ると言っても過言ではありません。

 

「報告」「連絡」「相談」

 

いわゆるホウレンソウは、仕事の基本とよく言われ誰もが意識していることですが、「報告」「連絡」「相談」を一つひとつ、確実に伝えていくことは簡単なようでなかなか奥が深いものなのです。

 

だからこそ、ホウレンソウをタイミングよくできるだけでも、その人は優秀なビジネスパーソンだと認められますし、これができているのなら稼ぐ人になる素質は非常に高いことになります。

 

また報告とうのは、言われたことを遂行して、その結果を伝えるというニュアンスが強いですが、相談は、改善案を提案したり、自分から仕事をつくり出さなければならないので、これができる人は仕事ができると評価されます。

 

相手も暇ではないので、ゼロベースでいちいち相談されると、時間をとられてしまうので大変です。

 

「私はこう考えるのですが、いかがでしょうか?」と、自分の案を持って相談してくれると、相談される側も楽です。

 

まずは自分で考えた上で、適切なタイミングで「相談」できる人が結果を出すことができるのです。

(P108ー111)

 

23

 

<執筆裏話>

「年収が下がる人は、報告上手」という意味で原稿を書いていたのですが、「報告下手」に編集過程で変わってしまった項目です。

 

報告ばっかりしていてもダメだよ、という意味で、ここは書きました。

 

言われたことだけをやっているのではなく、上司に相談しながら、新しい仕事を創っていける人が稼ぐ人になるのだと思います。

 

 

銀座

▲出典元:これから10年 年収が下がる人上がる人(松宮義仁著)より

 

 メルマガもはじめました!

sign

 

 

 

<おはよう広場とは>

このブログのコメント欄を「おはようございます」のあいさつをする場所として開放しています。月曜日から金曜日の平日毎朝、その日の日付でブログを更新しますので、記事のコメント欄に「おはようございます」と朝のあいさつからはじまる投稿をしてください。できれば挨拶だけではなく、記事を読んで思ったことなどもひと言書き加えていくと、他の方の気づきを生むきっかけ、いわゆる「ソーシャル・ラーニング」にも繋がるでしょうし、何よりも自分のためになると思います。

 

朝活を楽しむ人々の交流の場

あなたの「おはようございます!」の一言が、新しい出会いのきっかけになる場所になれば幸いです。

 

朝活グループもありますので、毎朝の更新を確実に知りたい方は、お気軽にグループにご参加ください。

>>フェイスブック朝活サークル

 

 

朝は忙しくてあちこちに顔を出す余裕がないという人もコメント欄に一言「おはようございます!」と書き込むだけでも、新しい出会いが生まれてくるだろうと思います!

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly