お客様が意思決定の階段を上れるよう、優しくサポートしよう【1000人確実に集客できる方法】

ソーシャル人の松宮です。読書から得た学びを「ソーシャル人語録」として配信しています。あなたのソーシャルライフに役立つヒントをご提供できれば幸いです。

 

<ソーシャル人語録>

お客様が意思決定の階段を上れるよう、優しくサポートしよう

1000人確実に集客できる方法(関根典子)より

 

イベント参加への意思決定を高めるためには、心理段階をひとつひとつ上がっていくためのアプローチが必要です。

 

第1段階は、「知らない」から「知っている」への段階です。これはできるだけ多くの人に上がってもらわなければなりません。この部分の人数が大きければ大きいほど、階段を上る人の数が増えます。

 

「知っているがわかってない」から「わかった」に至る間も、かなりの段差があるところです。主催者側は、「知っている=わかっている」と思いがちですが、実際はそんなことはありません。

 

チラシをもらったけど、「なんのイベントだかわかっていない」「いつかわかっていない」「自分と関係があるイベントなのか、わかっていない」ということがよくあります。

 

「わかった」から「興味がわく」の間にも、大きな段差があります。「参加するとどうなるのか」「自分と関係あるイベントなのか」ということが腑に落ちる段階です。

 

最終段階が「参加への意思決定」、そして「行動」です。申し込みをし、事前支払いならお金を払い、会場に足を運ぶのです。主催者側としては、多くの人にこの段階をなるべく早く上がってもらいたいものですが、よほど継続してイベントを行っていないかぎり、なかなかそうはいきません。

 

一段一段、意思決定への階段を上ってもらう工夫を凝らす必要があります。

(引用おわり)

 

<わたしの読書メモ>

今週は気になって以前に買っていた本からです。kindleで読んだのですが、集客のステップをわかりやすく細かく書いてあるので、取り上げてみました。

 

集客というと、一回だけの告知で人を集めようという人が多いですが、この本にもあるように、実は「プロセス」が一番大切なのです。プロセスがあって、はじめて集客に成功することができます。

 

外から見ていると、簡単に人を集めているかのように見える人も、実はこうしたプロセスに力を入れているので、一瞬で人が集まっているように見えるだけなのです。

 

セミナーやイベントなどの主催を行う人や、今後やってみたい人は一読をおすすめします。

 

集客については、近いうちにわたしも新しい試みを開始しますので、そちらもご期待ください^^

 

1000人確実に集客できる方法 表紙

▲出典元:1000人確実に集客できる方法(関根典子)より

 

今後の記事の参考になりますので、いいね!やコメントをよろしくお願い致します。

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly