100万分の1の存在になる方法

20151016124817

 

もしあなたという人間が

100万人に1人

いるか?いないか?

 

というぐらいの存在だとしたら、
一体どれぐらいの年収を稼ぐことができるでしょうか?

 

1000万円?
5000万円?
1億円?
それ以上?

 

100万人に1人の存在価値があれば、
稼ぎたいだけ稼げるようになるのは明白です。

 

実は今日はとても良いお知らせがあります。

誰でも「100万分の1の存在になる方法」を
見つけてしまったのです!

まずは100掛ける100で、
「1万人に1人の存在」を目指してください。

 

<以下、引用です>
それぞれの分野で「100人に1人」のプロフェッショナルに
なるためには、まずはその分野で1万時間、懸命に
取り組むことが必要だと考えています。

1万時間というと、途方もない時間のように
感じるかもしれませんが、1日6時間取り組めば、
約5年でクリアできます。

社会人になって、会社員として働けば、
同じ部署に5年くらいいることは珍しくないので、
仕事に真剣に取り組めば、その分野での
一流のプロフェッショナルになることは十分可能です。

こうしてひとつ目の軸ができたら、
第2、第3の軸を作るべく、
それぞれの分野で1万時間の努力をする。

そして、それぞれの分野で100人中のトップだと
認められるような存在になれれば、
100掛ける100掛ける100で、
100万分の1の存在になります。

 

引用元
http://toyokeizai.net/articles/-/84544?page=3

 

ちょっと長いですけど、
記事の元になっている講演動画も
シェアしておきます。

http://globis.tv/movie/?e=1796

 

この週末にでも観てみてください!

 

<追伸>

わたしの「100分の1」は、

・インターネット(1995年からやっている)
・ソーシャルメディア(2005年mixiからやっている)
・出版(累計40万部以上)
Etc.

 

ちょっと考えただけでも
すぐにいくつか思い当たるものがありました^^

それらの「100分の1」を点ではなく、
線でつなぎ、面で広げることができると、
収入は跳ね上がっていく。

今回の話を聞いてそう思いました!

わたしはこの軸足から、
さらに大きく一歩踏み出していきます。

来月から大きく動き出していきますので、
要チェックお願い致します。ニヤリ

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly