わたしの人脈を分析してみました

■わたしの人脈を分析してみました

 

ちょっとややこしい話が続いたので、わかりやすい話をしたいと思います。こんなことを書くのはちょっと気恥ずかしいのですが、実際の例をとって説明した方がわかりやすいと思うので、わたしのソーシャルグラフを例にとってお話します。

 

わたしのソーシャルグラフの中に林さんという方がいます。彼とはもう4年以上の付き合いで、ネットだけではなくリアルでも仲の良いビジネスパートナーであります。林さんはフェイスブックでは「iPad活用研究会」というページを運営されていて、ファンが14000人以上集まる濃いコミュニティの主宰者でもあります。

 

▲林さんが主宰する「iPad活用研究会」

 

「iPad」という共通のテーマ(インタレストグラフ)をきっかけに、多くの人とソーシャルグラフを築いている林さんはクラウトスコアも「73」を記録しているスーパーサラリーマンでもあります。林さんのクラウトスコア73をわたしなりに分析してみると、もちろんわたしとの繋がりによるスコアアップもあるのでしょうけど、彼が主宰する「iPad活用研究会」のメンバーとの交流による「影響力の輪」の拡大も見逃せないところであります。実際に毎月リアルで開催している勉強会は、告知すると定員があっという間に埋まってしまうほどの人気であり、ネットだけでなく実際に顔と顔を合わせたコミュニケーションを重ねていることが、影響力の輪を広げている一因と分析しています。

 

例えば、わたしがブログを更新すると、特に頼んだりしているわけではないですが、林さんがいいね!やコメントを入れてくれますし、わたしも同様に、林さんが投稿したものに気づいた時には、もちろん内容にもよりますけど、積極的にいいね!を押させてもらっています。

 

この2人の関係性から考えるだけでも、スコアアップ、ひいては実際の「影響力の輪」を拡大するヒントがたくさん隠されています。

 

まず一点、おさえておくべきところは、二人の影響力の輪が同じ円の中にあるのではなく、近い場所にあるのですが、別々の輪を持っており、しかも重なる部分の面積が大きいということです。

 

▲青がわたし、緑色が林さんの「輪」です

 

重なる面積が大きいということは、二人のそれぞれのコミュニティに両方とも入っている人が多いということです。このバランスが非常に大切なのですが、重なり過ぎていては広がりがありませんし、重なりが少なければ、そこに信頼は生まれにくくなってしまいます。

 

二つの輪の距離と重なりの大きさ。このバランスが非常に重要となるのです。別の言い方をすれば、同じ輪(コミュニティ)の中で仲良しごっこをやっていてもダメだということです。お互いに前述した「1次の輪」をしっかり確立しつつ、その輪を交流されることで、2次の輪が広がっていくということです。

 

今までお話してきたような影響力の輪をいきなりつくることは難しい話だと感じた方もいるでしょう。その一方で、自分の影響力を高めたいと思ったら、より大きな輪を持っている人に、いきなりアプローチする人が多いのですが、それでは良い関係を築くのは難しいことは経験上、理解している人も多いかもしれません。

 

最初にやるべきことは、大きな輪に加わることではなく、小さくてでも良いから「自分の輪」をつくることなのです。次回の授業では詳しくお話したいと思います。

 

 

今回の授業はここまで。

 

 

<ホームルーム>

授業を受けての気づきや感想をコメント欄でみなさんと共有しましょう。あなたのひと言で「学び」がさらに深いものへと発展していきます。

 

学びを共有するソーシャル・ラーニングにぜひご参加ください!

 

 

<お願いとお断り>

授業を受けての感想や意見などありましたらコメント欄にご記入ください。頂いたコメントは今後の授業の内容を考える際に参考にさせて頂きます。また頂いたコメントは当ブログが書籍化される際には、そのまま掲載させていただく場合もございますのであらかじめご了承のほどよろしくお願い致します。

※急な時間変更のお知らせなどは松宮義仁の個人アカウントで行なっております。事前にフィード購読をお済ませください。

※参加は個人アカウント(顔写真・実名)にてお願いします。(顔写真以外のアイコンおよびFacebookページでのご参加はご遠慮ください。)

※すべてのご質問にお答えできるわけではありません。あらかじめご了承お願い致します。

※受講態度の悪い生徒、風紀を乱す生徒は強制的に退学処分とさせて頂く場合もあります。

 

The following two tabs change content below.
松宮義仁
ソーシャルメディア・プロデューサー、起業コンサルタント、セミナー講師。著書累計40万部超のビジネス書作家でもあります。主な著書に日本で一番売れてるフェイスブック入門書「日本人のためのフェイスブック入門」などがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly